”漢方で皮膚疾患を治療します”

漢方医学 診療時間

診療受付時間
午前/09:00〜12:30
午後/15:00〜18:00

*休日診療は「日曜日午前診療」です。 *水曜日・祝日は休診です。
日曜日は学会などで、休診もありますのでお電話で確認して下さい。

漢方医学

漢方治療は中国で生まれその長い歴史の中で有効性、安全性が裏付けられ、日本に伝えられたものです。
・病気を治す(自然治癒力)を高めます。

・個人の「疾患」にあった薬剤を処方し、 さまざまな作用をもつ生薬の複合剤で、患者さんを見て最適な治療することです。

皮膚疾患(漢方治療)+化学療法

皮膚病:身体の表面の病気→身体表面の病気:・接触性皮膚炎・虫さされ・日焼け=軟膏やクリーム剤の塗布
身体の内面からの病気:・アトピー性皮膚炎・じんましん
「漢方は身体の中から病気を治す」
*漢方は皮膚の病気に応用され、有効である事が証明されております。
漢方治療のよい適応となる代表的皮膚疾患は、アトピー性皮膚炎、じんま疹、ニキビ、老人性乾皮症、いぼ などであり、その他、漢方薬を使うことがある疾患には、毛嚢炎、円形脱毛症、しもやけ、手湿疹などもあります
さらに、ある程度効果を期待できる疾患には、酒渣、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、痒疹、しみ、単純性ヘルペス再発抑制、陰部掻痒症、汗疱、慢性膿皮症なども挙げられます。



対応できる症状

・かゆい ・皮膚の色がおかしい ・ぶつぶつができている
・痛い ・足のうらが痛い
・爪が白く濁っている・顔に〔にきび〕が出来た

皮膚病漢方薬

>漢方では、症状をとりあえず和らげる事を「標 治」
根本から治す事を「本 治」と呼びます。
アトピー性皮膚炎
漢 方:「標 治」・黄連解毒湯
漢 方:「本 治」・補中益気湯 ・五苓散
じんましん
漢 方:急 性・防風通聖散 ・茵陳五苓散
にきび
漢 方:・清上防風湯 ・十味敗毒湯



対応できる疾患

アトピー性皮膚炎 ・じんま疹 ・接触性皮膚炎
・薬疹 ・・アトピー疥癬 ・みず虫 ・帯状発疹
・にきび ・いぼ みずいぼ・皮膚疾患全般
・ 皮膚掻痒症 ・爪の白癬 ・尋常性乾癬





▲ページトップに戻る


Copyright (C) 2004 Miyamuranaika All Rights Reserved.