<宮村内科クリニック

ピロリ菌



当院でピロリ菌の検査及除菌療法を積極的に行っています。
又、内視鏡洗浄器を備えており内視鏡による、感染の恐れはありません。


ヘリコバクター・ピロリの発見から四半世紀が経過している。
この間、全世界で多くの基礎的および臨床的研究が進められてきた。
1982年の本菌発見の初期の頃からしばらくは、全世界の多くの消化器病学研究者は本菌の病原性に関して極めて懐疑的であった。
とくに、わが国の著名な消化器病研究者においてその傾向が強く、激しい議論が繰り返された。
その結果、わが国では今日のように消化性潰瘍の基本的な治療法としてH. pyloriに対する除菌治療が広く認知されるまでには多くの時間を要し、世界の先進国から大きな遅れをとった。
ヘリコバクター・ピロリの最初の発見者であるRobin Warren博士とBarry Marshall博士が2005年のノーベル医学・生理学賞を受賞した。

胃潰瘍について

粘膜の抵抗力が弱いときに胃酸が胃や十二指腸の粘膜を溶かしてしまう状態を胃・十二指腸瘍潰と呼んでいます。
潰瘍になりやすい最も大きな原因といわれているのは、精神的・肉体的ストレスによるものですがピロリ菌の感染が原因ともいわれています。

 







▲ページトップに戻る


Copyright (C) 2004 Miyamuranaika All Rights Reserved.