宮村内科 

宮村内科クリニック
〒187-0045 東京都小平市学園西町2-13-37 カミデビル3階 042-342-5588
一橋学園駅 線路沿い徒歩1分
(日曜診療)マップ


糖尿病



1型糖尿病
膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。
子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。

2型糖尿病
インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがある。
食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。
わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプ。
遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの。
薬剤が原因となる場合もある。

妊娠糖尿病
妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもある。

糖尿病?

「インスリンの作用不足」と「ブドウ糖の利用低下」

糖尿病合併症

@大血管症に分類されるものに、脳卒中・心筋梗塞があります。
A細小血管症に分類されるものには、主に3つの合併症 体のなかで長期間持続する高血糖の影響を受けやすいのは、末梢の神経と細小血管です。
そのため糖尿病では足の神経、眼底の血管、腎臓に障害があらわれてきます。 それが進行すると、足の感覚が鈍くなったり、失明、腎不全など社会生活に大きな支障をきたす合併症が出てきます。
しかし、これらの合併症は発症までに長い年月がかかります。 その間にきちんと血糖値をコントロールすることで合併症を予防できるのはもちろん、現在進行中の合併症の悪化も抑えることができます。
定期的な検査を受けて、適切な治療、生活改善が必要です。

糖尿病数値

血糖値は糖尿病コントロールの指標として用いられます。
糖尿病では食前の血糖値が高い場合と食後の血糖値が高い場合、または両方が高い場合とさまざまなタイプがあります。
そして最近では食後の血糖値の上昇と脳卒中や心臓病との関係が注目されており、食前の血糖値だけではなく食後の血糖値もしっかリコントロールする必要があります。

治 療

食事療法と運動療法を行っても血糖コントロールが不十分な場合、薬物療法を併用します。
薬物療法には、飲み薬とインスリン注射薬があり、従来は飲み薬の効果が弱い場合にインスリン注射薬を使用していました。
しかし現在では、自分で出せるインスリン量があまりにも少ない場合などは、早い時期からインスリン注射を使用して、血糖コントロールを良好に保つ方法も積極的に行われています。
インスリン注射薬と飲み薬を一緒に用いたり、インスリン注射薬を一定期間使った後、飲み薬に変える場合もあります。

Copyright (C) 2004 Miyamuranaika All Rights Reserved.