宮村内科 

宮村内科クリニック
〒187-0045 東京都小平市学園西町2-13-3-37 カミデビル3階 042-342-5588
一橋学園駅 線路沿い徒歩1分
(日曜診療)マップ


宮村内科

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームを長期間放置しておくと動脈硬化が進行し、やがては、心筋梗塞、脳卒中などの重篤な病気を起こす可能性が高くなります。
これまで、動脈硬化を起こす最大の原因はコレステロールだと考えられていました。
しかし、コレステロール(特に悪玉といわれるLDL−コレステロール)のみを下げても、実際には30%ほどしか心筋梗塞の発症を抑制出来ないことがいくつかの臨床試験の結果から明らかにされてます。
最近、過食・運動不足・ストレスなどの生活習慣の乱れから、内臓に脂肪がノたまる「内臓脂肪型肥満」が注目を集めています。

「内臓脂肪型肥満」の方では、血圧、トリグリゼリド(TG)、血糖値などが「やや高め」になる場合が多く、これらの「やや高め」が重なりあうことにより、動脈硬化の危険性が高まることがわかってきました。
このような状態を「メタポリックシンドローム」と呼んでいます。

  定期的な検査を受けて、適切な治療、生活改善が必要です。  



Copyright (C) 2013 Miyamuranaika All Rights Reserved.